ロングビーチ Long Beach Part 2

ロングビーチGPそのものはFormula Dでも取材をしているので何度も来たことはあったが、本戦のインディーとALMSは正直初めてだった。何もかも初めてづくし。通常FDで使っているパドックはインディーが占領し、ALMSのパドックは普段は駐車場。

Image

さぁ、行くぞとおもったら突然の雨。なんとしてもセブリングよりは良いパフォーマンスをしたいと思って挑んだが雨。

しかし予選までには晴れてなんとか路面も乾いた。そこでオフィシャルも「ドライ」宣言を出す。一番下のGT Challengeクラスが予選アタックに入った。

GTCクラスのポールポジションにインタビューするようディレクションが出た。

Image

GTCポールのMichael Valianteにインタビュー。この後また突然雨が降り予選は中止となった。

Image

同僚のケリーちゃん余裕のポーズ。雨なので近くのデパートに長靴を買いに午後出かけてました。Image

予選が終わった途端に晴れ模様。

広告

ロングビーチグランプリ

怒濤のセブリングが終わり一ヶ月後にはロングビーチグランプリがやってきた。セブリングに続きこれまたビッグイベント。ロングビーチグランプリは1975年から続いているストリートレース。ロングビーチの公道をサーキットに仕立て過去にはF1やCARTもここで走っている。アメリカでもっとも有名なストリートレースと言っても過言ではないだろう。ここ数年はIRL INDYCARとALMSが目玉としてやってきている。ロングビーチを地元とするフォームュラDのドリフト選手権も前週に開幕戦を同じコースの一部をつかって開催される。

ALMSの第二戦であるロングビーチ。まだまだレベルは低く到底納得の行く内容ではなかった。しかしスタッフとも多少慣れてきたし少しはまともな仕事ができた気がする。

そこでまたいきなりの雨、雨、雨。まったく物事が予定通りすすまない。INDYCARともサーキットシェアするのでもともと少ない練習走行時間もどんどん中止となる。ドライバーもみんな雨で引っ込んでしまってなかなか捕まらないときた。