ロングビーチグランプリ

怒濤のセブリングが終わり一ヶ月後にはロングビーチグランプリがやってきた。セブリングに続きこれまたビッグイベント。ロングビーチグランプリは1975年から続いているストリートレース。ロングビーチの公道をサーキットに仕立て過去にはF1やCARTもここで走っている。アメリカでもっとも有名なストリートレースと言っても過言ではないだろう。ここ数年はIRL INDYCARとALMSが目玉としてやってきている。ロングビーチを地元とするフォームュラDのドリフト選手権も前週に開幕戦を同じコースの一部をつかって開催される。

ALMSの第二戦であるロングビーチ。まだまだレベルは低く到底納得の行く内容ではなかった。しかしスタッフとも多少慣れてきたし少しはまともな仕事ができた気がする。

そこでまたいきなりの雨、雨、雨。まったく物事が予定通りすすまない。INDYCARともサーキットシェアするのでもともと少ない練習走行時間もどんどん中止となる。ドライバーもみんな雨で引っ込んでしまってなかなか捕まらないときた。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中