ピットレポートの難しさ

Screen Shot 2012-12-03 at 3.00.23 PM

自分なりにはまったく満足いかないパフォーマンスでレース番組はどんどん進む。何度かピットレポートのチャンスはあったものの殆ど目の前のことを伝えているだけ。まったく付け足す情報もなければそれをゲットする術もないのでどうすることもできない。

12時間のレース中には休憩時間もある。TVコンパウンドでマジに打ち拉がれていたらテクニカル・ディレクターのマイク・クサマが話かけてきてくれた。

「タロウは日本人かい?」と、聞いてきた。聞くと彼は日系3世のアメリカ人。そこでちょっと日本の話が弾んだ。アジア人が殆どいないアメリカン・ルマンの業界で日本人を見るのはうれしいという。それもオン・カメラのタレントとして。あまりそのように考えたことはなかったが、確かにアジア人のテレビタレントは限りなく少ない。自分のことを今までタレントとして考えたこともなかったが、テレビに出る以上はそのように認識した方が良いとも思った。彼は子供のころはテレビにアジア人が出るなんてことは殆どなかった、と言い僕がこの仕事に挑戦していることをとても嬉しく思うと言ってくれた。がんばらんといけないと思ってまたピットレーンに出ていった。

出ていくと、ジェニファーが「なんかないの?」と聞いてくる。何度聞かれて、何度「何もない。。」と言ったことか。

アクシデントでリタイヤしたチームのインタビューをこぎつけてなんとかその場はセーフ。しかし12時間の長いレース。沈黙は厳禁なのである。すぐにまた、「なんかないの?」とくる。

もうイサギよく「がんばったけどこれは無理です」と言ってやめようか?現実的にどう考えても無理だった。いくらがんばっても、今できないものはすぐできない。相手はプロ、知識も技術もまったくかなわない。

でもそれって逃げているってことか?「太郎おまえここで逃げるのか、おい?」と自問。でも実際できないものはできない。迷惑にならないようにやめようか?と真剣に頭の中をよぎった。。。ここまでダメダメに何もできなかったことが思いだせないくらいにダメだった。

あ、そうだ。たしか柔道で白帯のころ黒帯の先生に投げられまくった時と同じだ。。。「そんなんで試合で出るなよじゃぁ!」とまた自答。

このジレンマ。困ったもんだ。

すべてはこのビデオから。。。たぶん

なぜボクがアメリカでもっとも大きいスポーツネットワークESPNで放映されるアメリカン・ルマン・シリーズのレポーターになったところからと思ったが、まずはESPNの説明からにします。
ESPNは全米のケーブルTV購読者の95%が視聴可能というとんでもない浸透率です。ESPNはディズニーグループに属していますが、株価の半分はESPNの価値ではないかと言われるほどの大手です。アメリカでESPNと言って知らない人はいません。よっぽどの変人でテレビもない生活をしなければ絶対に知っています。

1チャンネルだけで1979年に発足。ボクが高校生のころの1984年頃は番組がなくてESPNといえばわけのわからないスポーツをただ延々と垂れ流しているようなケーブル局でした。その時初めてオーストラリア式フットボールを見た記憶が残っています。
今は大変なもんでフラッグシップのESPNからはじまりESPN2、ESPN3(オンライン版),
ESPNU, ESPN Classic, ESPN Deportesと全部で9チャンネルもっています。

ボクがレポーターをすることになったアメリカンルマンシリーズ(ALMS)のレース放送もこのESPN, ESPN2, ESPN3とESPN on ABCで全戦放送されています。

やっと本題だが、僕らがネットで車のビデオを配信するメディアGTChannel 、を開始したのが2006年。(このGTCの話はそれだけで長くなるのでまた別の機会に。。。)
一番最初のころに手作りで制作したビデオをYoutubeにのせたのが上のビデオ。ボクがレポーターとしてロングビーチのフォームュラドリフトの選手をインタビューしています。当時アメリカに住んでいたMKがカメラマンをこなし、日本で一人残ってがんばっていたKTが編集しました。
このビデオは爆発的にヒットして今や5百万ビュー突破しています。GTCそのものはYoutube上でも有数の自動車チャンネルに成長し、購読者が80,000以上、月間ビュー数は2百万ビューを越えるまでになったのです。また、GTCのYoutubeビューの25%以上はモバイルからのアクセス。

予想するにボクがレポーターをこなすこの500百万ビューのビデオをみて、「こいつを使ってみよう」ということになったのではないかと勝手に予想しています。(笑)
簡単に言えばそうなのですが、裏にはALMSはファンの若返りを図りたい。そこでGTChannelと組むことによって18才から30才までの若者ネット層を獲得したいという目的があったのです。
だから勘違いしてはならないのは決してボクの抜群なレポーター能力ではなくGTChannelの客層目当てということからこの話は始まるのです。つづく。。。