セブリング12時間レース始まり

Image

レースが始まるまでにはなんとかやるべきことは理解できたがそれを実行するのはまったく別問題。ケーブルTVで北米中に放送されるESPN2の番組と生で10時間放送されるESPN3の両番組を同じ制作チームが番組を作る。ボクはESPN3担当。ピットレーンにはESPN2の他3人のレポーターもいる。

決勝レースは3月17日(土)午前10:30にスタートした。さぁ、12時間耐久勝負の始まりだ。

最初の仕事はPrototype Challenge (PC) Classのポールチームのインタビュー。レース開始と同時に各クラスのポールポジョンを上から紹介しインタビューする。ここで各ピットレポーターも番組内で紹介される。昨年までジャガーでGTクラスに参戦していて初めて2012からPCクラスでエントリーしているRSRというチームをインタビューすることになった。ドライバーは3人いて、一人はクルマに既に乗っているのでスタンバイしている二人のウチの一人であるトミー・ドリースィー(Tomy Drissi)をインタビューすることにした。

いきなりぶっつけ本番の生放送で行くという。トミーにはスタートと同時にインタビューするからピットテントに来てくれと事前に頼んでおいた。

インタビュー開始5分前。トミー現れず。もう一人のドライバー、ブルーノ・ジュンケイラ(ブラジル)のレーススタートに立ち会っているとチームマネージャーは言う。番組はどんどん進む。プロデューサーは「なんとしてでも探せ」と右耳に言う。カメラクルーは既にピットテントでスタンバイ。

インタビュー開始まで3分。トミーまだいない。「トミーいないんだけど。。」と言っても「探せ」の一点張り。このままボクに振られて肝心のドライバーがいない。もう一人のドライバーも一緒にいない。

インタビュー開始一分前。トミー、やっと余裕ふちかましながら歩いてくる。トミーをつかみ隣にすかさず立つ。その瞬間アナウンサーのジョンが「さぁ、次はPCクラスのポールポジョンです。ピットレーンにいるタロウ・コキに行ってみましょう!」

さぁ、これがキューだ、トミーにマイクを向け「ジョンとジェレミーありがとう、チーム結成は本当にぎりぎりの2週間前。それでもポールポジション。。。」と質問。

同時にレースがスタートしたので爆音が後ろで流れて、自分の声、ヘッドホーンから流れる音何も聞こえない。トミーもボクが何を言っているのか聞こえない。クルマが過ぎ去った後聞こえたプロデューサーの声。

「OPEN YOUR MIC(マイクをつけろ)!」。。。

このドタバタの中で肝心の自分のマイクをオンにすることを忘れてしまった!口パク状態でスタートしてしまった。

すかさずマイクをつけもう一度質問をしてトミーにマイクを向けた。

Image

後から番組を見るとそれほどのミスではないように見えるが(と思う)その時はもう穴があれば入りたいほど。自分においおい、いきなり本番でやるかと?呆れと後悔が頭の中をぐるぐると巡る。やっちまったなと反省する反面、まだレースは始まったばかり。これからなんとかして挽回しようと気持ちを持ち直してピットレーンに向かった。

ピットレポーターとは。。。

ピットレポーターとはレース中継時にピットエリアからレポートする人のことを指す。いわゆる現場から生の声でレースを視聴者に伝える重要な役割であり。日本人でもっとも有名なのはなんと言ってもフジテレビのF1中継で有名な今宮純さん。学生時代F1全盛期に今宮さんのエキサイティングな現場レポートを聞いて喜んでいたのを思い出す。まさか自分が同じことをするようになるとはまったく夢にも思わなかった。

レースの種類によって多少異なるがアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のピットはアメリカのサーキットで行われるので腰ぐらいまでの高さのピットウォールがあり、クルーはその後ろで通常スタンバイしている。ピットストップ時にはそのピットウォールを飛び越え、タイヤ交換や燃料などの整備を行う。もちろんドライバー交代も同様。日本やヨーロッパのサーキットは壁がない場合がほとんどで、ガレージの目の前でピットストップを行うことが多い。

ピットレポーターは通常この壁の外、つまりレースカーのすぐ側から現場の状況をレポートする。シーズン途中から機材がアップグレードされたがセブリングでは頭にアンテナのついたヘッドフォンをつけ、腰の周りにはバッテリーと通信機をつけて歩き回る。

耐久レースでは必ず燃料補充が必要なのでピットエリア内に入るにはスタッフ、メディア、クルー、マネージャー全員必ずレーシングスーツの着用が義務づけられている。これは格好の為ではなく、防火素材でできているので安全の為に着る。ピットロード上で仕事をするクルー、ドライバーとマーシャルはヘルメットの着用まで義務づけられている。アナウンサー/レポーターはこの大きいヘッドフォンがあるため一応ノーヘルが許されているが、ヨーロッパではそろそろノーヘルが禁止になるのではないかと言われている。安全の為にはもちろん良いと思うが、この格好に顔が出たヘルメットをしてオンカメラはけっこうキツイものがあると思うのはボクだけではないよう。。。特に小柄な女性ピットレポータにとってはマッチ棒みたいに見えてしまいせっかくの美貌も台無しになること必至。ま、いわゆるマヌケに見えるということで反対意見が多いのである。

ALMSのレースは最長が12時間で最短が2時間。いずれもブース内のアナウンサーと解説者が喋り通しではつまらなくなってしまい、長丁場である程現場からピットストップのレポート、アクシデントの最新情報、ドライバーインタビューなどで番組に貢献する。やはり生の声をピットレーンから伝えることで番組の面白さが格段にアップする。

ヘッドフォンのオーディオは2チャンネル別々に分かれている。右耳にIFB(Interruptible foldback)と言われるディレクターやプロデューサーがアナウンサーに話す時に使うチャンネルと左耳は番組音声のProgramチャンネル。IFBはプロデューサーなどが指示を出すのに使う。ピットレポータの場合はキューしたり、「あと10秒でまとめろ」とか具体的な指示を出される。また、オンエアでない時にもこのチャンネルをつかってプロデューサーと会話もできる。例えば「◎◎号のタイヤがパンクしているけど今からレポートできるよ」などと現場からレポートをピッチ(提案)する時に使うチャンネル。これが爆音極まるピットレーンから冷静に行う必要がある。ピットエリア内は混沌としているのでピットレポーターはすべて単独行動。唯一進行中の生番組との繋がりはヘッドフォンの右耳からのプロデューサーの声と左耳から流れる番組音声であり、レースの展開、番組の空気を自ら把握しあとは一人でネタ探しに走り回り、インタビューも一人でアレンジし、ピットレポートをピッチし、キューに従いマイクでそこからレポートする。カメラが必要とした場合には二人いるピットカメラをこっちに送ってくれる。

上記のことをほとんど知らないままセブリングの初仕事に挑んだのでした。今思えば恐ろしい。。。