ピットレポートの難しさ

Screen Shot 2012-12-03 at 3.00.23 PM

自分なりにはまったく満足いかないパフォーマンスでレース番組はどんどん進む。何度かピットレポートのチャンスはあったものの殆ど目の前のことを伝えているだけ。まったく付け足す情報もなければそれをゲットする術もないのでどうすることもできない。

12時間のレース中には休憩時間もある。TVコンパウンドでマジに打ち拉がれていたらテクニカル・ディレクターのマイク・クサマが話かけてきてくれた。

「タロウは日本人かい?」と、聞いてきた。聞くと彼は日系3世のアメリカ人。そこでちょっと日本の話が弾んだ。アジア人が殆どいないアメリカン・ルマンの業界で日本人を見るのはうれしいという。それもオン・カメラのタレントとして。あまりそのように考えたことはなかったが、確かにアジア人のテレビタレントは限りなく少ない。自分のことを今までタレントとして考えたこともなかったが、テレビに出る以上はそのように認識した方が良いとも思った。彼は子供のころはテレビにアジア人が出るなんてことは殆どなかった、と言い僕がこの仕事に挑戦していることをとても嬉しく思うと言ってくれた。がんばらんといけないと思ってまたピットレーンに出ていった。

出ていくと、ジェニファーが「なんかないの?」と聞いてくる。何度聞かれて、何度「何もない。。」と言ったことか。

アクシデントでリタイヤしたチームのインタビューをこぎつけてなんとかその場はセーフ。しかし12時間の長いレース。沈黙は厳禁なのである。すぐにまた、「なんかないの?」とくる。

もうイサギよく「がんばったけどこれは無理です」と言ってやめようか?現実的にどう考えても無理だった。いくらがんばっても、今できないものはすぐできない。相手はプロ、知識も技術もまったくかなわない。

でもそれって逃げているってことか?「太郎おまえここで逃げるのか、おい?」と自問。でも実際できないものはできない。迷惑にならないようにやめようか?と真剣に頭の中をよぎった。。。ここまでダメダメに何もできなかったことが思いだせないくらいにダメだった。

あ、そうだ。たしか柔道で白帯のころ黒帯の先生に投げられまくった時と同じだ。。。「そんなんで試合で出るなよじゃぁ!」とまた自答。

このジレンマ。困ったもんだ。